東京 渋谷と自由が丘、神奈川県 川崎市 武蔵新城でスピリチュアルカウンセリング、スピリチュアルヒーリング、フラワーエッセンス、ペットリーディング、ペットヒーリング、レイキなどを提供しています。

スピリチュアルヒーリング感想

  • HOME »
  • スピリチュアルヒーリング感想

東京都 50代女性 U様

先日は○○のヒーリングありがとうございます。昨日、●●病院に言って参りました。
何と!癌が消えていますと・・・しかし、目に見えるものは・・という事なので抗がん剤治療は続けました。松本さんのおっしゃる通り、心臓が少し大きくなっていたようで今、心配する事はないけれど経過観察となりました。
●●病院で私は少し不安になっていました。○○に伝わるので(松本さんのブログの通り愛犬にはわかってしまいますよね)。泣きそうな気持を抑えながら「大丈夫だよ~」を繰り返しながら明るく待っていました。
○○はすごく元気です。ご飯も沢山食べ、楽しそうにしています。
本当にヒーリングに感謝いたします。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

東京都 40代 K.M 様

こんばんは。いつもお世話になっております。7月10日にペットヒーリングでお世話になりましたKです。あれから20日ほど経過しましたがご報告が遅くなりすみません。
松本さんにヒーリングをしていただき直ぐから○○ちゃんに変化がありました。子猫が来てから、ピリピリイライラし、神経が休まらないだろうという感じでした。子猫にも辛く当たり、その様子に見ていてこちらも悩む日々でした。
ヒーリングをしていただき、子猫に接する態度が和らぎピリピリ感が取れてきました。普段スピリチュアルを受け入れない大学性の息子がスピリチュアルの存在を少し受け入れてくれた様に感じました。松本さんから○○ちゃんの事や、○○ちゃんの思いなどを聞き、○○ちゃんの事が愛おしくなりました。子猫を迎えて1ヶ月と少しですが、今は時々子猫とジャレあいながら、子猫との時間を楽しんでいる様子です。
本当にありがとうございました。少し時間が経過し、旅立った●●ちゃんが、あちらの生活に落ち着いた頃また●●ちゃんのことを見ていただけたらなぁと思ったりしております。暑い毎日、どうぞご自愛ください。

 

埼玉県 50代 F.K 様 

娘のことでは長年苦労して参りまして、コミュニケーションがとれない、障害?ビョーキ?育て方?AC?親子で各種カウンセリング、レメディも試しましたが、 どれも、いまいちでした。なのに、今日タイミングよく、娘とメールでのやりとりするチャンスがありまして、私としてはそんなにいつもと変わらない対応だったのですが、奇跡的に心が通じたのでした。昨日娘が御相談したかった件ですが。よくよくメールで聞いてみると、 なんだ、若い子には誰にだってある乙女心じゃん、と、可愛いなぁ・・・ほっこり暖かい気持ちになり、自然に受け入れるってことなんでしょうが、受け入れようと意識してなかったです。
自然と、自分の昔の恥かいた話なんかも伝えてみたりして(恋の話)。羞恥心とか罪悪感、競争心、親としての見栄とかも、溶けたのだと思いました(私が)
それと、実母との関係からくる憎しみや競争心の、まだ奥底に、こってりと張り付いていた何かが溶けたんだと思いました。2、4チャクラでしょうか。それが娘への関わり方に目に見えない波動で、良くも悪くも常に瞬時にして娘に伝わっているのだと感じます。三人のうち、長女ということもあり、彼女が一番敏感なので。
今までは、本当に娘が言いたかったことを、拒絶せずによく話を聴いてやる心が、なかったんですね。耳では聴いてるつもりが、どこか胸が封鎖してて受け付け無かったのです。子供時代に、実母から、本当は、こういうふうに育ててもらいたかったのに、してもらえなかった悲しみ、それが、今日、癒される感がありました。2と4チャクラが気持ちよくザワザワ。ここ最近、TVなどで、シンクロというのでしょうか、メッセージは入っていて、 よく聴いてあげるだけでいいんだよ、同姓ならではの。って感じとってはいましたが、現実に肉体的に、あーこういうことだったのかとわかりました。
昨日の娘本人のカウンセリングは、娘からそのあと細かく報告してくれたので内容がだいたいわかったので、 まずは私が安心したので、それはそれでよかったのですが、やはり、私が変わらないと・・・
どう変わるとよいとわかったかというと、 母の私が肉体レベルでの理解を粗末にしないこと、日々どう対応すればいいかは、どっしり構えてさえいれば、自分の内側から出てくる声に自信もって大丈夫だということ、各チャクラのバランスの重要性、グランディングとハートの重要性を、今まで軽視していたことに気づきました。
スピリチュアル好きの陥るパターンから、抜けだすためにも、なかなか自力でグランディングは難しいから、お願いしなくちゃと思いました。この12月から1月が、私と娘の転換期なような気がしてならないんです。
カウンセリングで過去を聞いてみて参考にしたり、アドバイスを聞いてみたりしたい気持ちも山々ですが、ここは葛藤なんですけど、楽したいですから。でも、今は親の私が、より高性能な、愛の受信機・発信機になるほうが、よい。アドバイスしてもらうより、気付くほうが、よい。清々しい。
自力では無理があるし、時間がかかってしまうから、娘のためにもここは手伝ってもらっていいんだと、子供のころから何でも自分でやらなきゃと背負い込んでいた荷物を、少し降ろし、自分に対して(手伝ってもらっていいと)やっと許可を出せます。上の方々もそれを望んでいらっしゃるとすれば・・・なおさらです。

肩凝りについては、そんなにすぐに改善されません。そう甘くなさそうです。 肩凝りの原因は、長年にわたって、娘から飛んでくる矢に身構えて生活していることだろうから、 もうそんな生活にはピリオドを打ちたいです。矢は、彼女の悲鳴だった、それは私自身の悲鳴の矢でもあったと、理屈で理解できていたときと違って、今はリアルにそう感じることができます。自罰的なところは、娘だけでなく、まだまだ私自身、抜けたつもりが抜けてはいなかったことにも気づきます。
今飲んでいるレメディとの相乗効果もあるかもしれませんが、 明らかにヒーリングの効果と、目から鱗の一日でしたので、ご報告したく、 もしできれば私の実体験が他の相談者さんたちのご参考になれれば嬉しく思います。長文で失礼しました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP